高齢者の運転事故って本当に多いの?

私たちは高齢者の運転事故が多発していると信じていますが、これは盛んに報道されているからです。果たして本当なのでしょうか。一部のジャーナリストは政府や自動車メーカーの思惑があるのではと推測しています。自動ブレーキを普及させて事故を減らしたい、新車の販売台数を伸ばしたいからではないかと。

メーカーが売りたいというのはもちろんあるでしょうが、政府も2020年の東京オリンピックまでに自動ブレーキと自動運転を備えた新車を普及させて日本のメーカーが世界にアピールできるようにしたいというのです。

「高齢者の運転事故多発のニュース」の真実は果たしてどうなのでしょう。私も高齢者の仲間として、運転を続けている身として、とても気になります。

高齢運転者が関与した交通事故

警視庁が発表している統計によると、高齢運転者(65歳以上)の占める割合は以下のように推移しております。

平成18年 74,287件 11.6%
平成19年 68,603件 13.1%
平成20年 61,525件 14.1%
平成21年 56,358件 15.3%
平成22年 55,013件 15.9%
平成23年 51,477件 16.4%
平成24年 47,429件 17.3%
平成25年 42,041件 19.2%
平成26年 37,184件 20.4%
平成27年 34,274件 21.5%

団塊の世代は昭和22~24年(1947~1949年)生まれです。この人たちが65歳になったのは2012年、2013年、2014年です。つまり、平成24年、25年、26年で、24年から65歳以上の人たちがどんどん増えてきているのです。全人口に占める割合は当然増えてきますし、交通事故やら他のことでも割合が増えてくるのは当たり前の話です。昭和25年、26年も他に比べると多いでしょう。

高齢者の全人口に占める割合

高齢者(65歳以上)の全人口に占める割合はどの程度なのでしょう。年別にみていきます。平成17年以降は20%を超えています。

平成17年 20.2%
平成22年 23.0%
平成25年 25.1%
平成26年 26.0%
平成27年 26.7%
平成28年 27.3%

高齢者の運転中に起こした交通事故に占める割合と全人口に占める割合を比較すると、他の年齢層の方より事故を起こす確率は少ないことが明白です。高齢の方の中には免許証を返上したり、車を運転しない人も多いでしょうから、差し引いてみないとならないかも知れませんが、全ての年齢別で分析するべきですね。

交通事故の割合 全人口の割合
平成22年 15.9% 23.0%
平成25年 19.2% 25.1%
平成26年 20.4% 26.0%
平成27年 21.5% 26.7%

趣味はスポーツ

私たちが小学校の頃の運動は野球と相撲です。放課後、学校のグランドで男の子のやるスポーツは野球と決まっていました。長嶋、王というスーパースターがいました。大衆に人気のあるものを並べた「巨人、大鵬、卵焼き」という流行語もありました。相撲は休み時間に体育館でやってました。

昨年、札幌の寿司屋のカウンターで仲間3人と子供時代の相撲力士の名前が話題になり、栃錦、千代の山、鏡里、琴ヶ浜など懐かしい名前を連発していたら、隣の40~50代らしき二人組みも懐かしい名前をどんどん出してきて、大いに盛り上がりました。昭和は男の子みんなが相撲に夢中でした。

野球も放課後のグラウンドで毎日のようにやってました。本格的にやりたい人は中学校で野球部に入りますが、練習や作法など厳しそうなので入部はしませんでした。スポーツは好きだけれど厳しい練習はイヤ、趣味レベルで良いという男が中年になり、はじめたスポーツはテニスです。基本をマスターするために硬式テニスのスクールに入ります。1年ほど通いました。それが今でも続いています。意外に継続することだけはできるようです。

冬はスキーです。スキー好きにはたまらない北海道に住んでいます。スキー場は手稲ハイランド、国際スキー場によく行きます。ニセコは海外からの観光客が多く、泊まってみたいホテルもたくさんできました。節約してお金を貯めてせめて年に1度、3泊位したいなと思っています。

あと、スポーツではありませんが、体を動かすということでは、良い運動になる除雪があります。苦痛に感じる人が多い雪かきですが、運動にもなるので、好んでやってます。早起きして雪かきをすると朝食も美味しくいただけます。でも除雪の範囲が広いので、一人では流石にきつく、妻にも手伝ってもらっています。

冬は雪かきがスキーと共にウインタースポーツのローテーションとして組み込まれます。

妻への懺悔と感謝

生まれも育ちも札幌です。
中央区で育ち、大学も地元で就職も北海道の企業にしました。子供は二人いますが、娘は夫の転勤で海外、息子は関東の企業に就職したので、妻と二人暮らしです。

趣味はスポーツで、今も夏はテニス、冬はスキーとスノーボードをやっています。妻とは学生時代から付き合い、今も仲良しなのですが、スポーツはやらないので遊ぶのはもっぱら学生時代の友人やら男友達です。

早いもので大学を卒業してから40年以上、妻と知り合ってからはそれ以上経ちました。若い人に申し上げたいことがあります。人生はアッという間だということです。学校を出てから40年、アッという間でした。

還暦を過ぎると、幼馴染や同年代の親戚が死んだという知らせがポツポツ入ってきます。年賀状のやり取りくらいしかしていなくても、幼馴染の死亡の通知は流石にショックを受けます。

会う予定がない人でも、もう会うことができない、顔を見ることも話しをすることもできないとなると何とも言えない寂しさがこみ上げてきます。そして自分もいつどうなるか分からない、あと何年生きられるのだろうということも頭をよぎるようになります。

そしてまだ死期が近い訳でもないのに、ついこれまでを振り返ってしまうことも度々です。そのとき必ず「この人生、妻と知り合い結婚できただけで、生まれてきた甲斐があった。妻と出会えて幸せだった」と思います。

昔も今も仲良しですが、若い頃は惚れられた強みで、ぞんざいに扱ったこともあったような気もします。今では、いつの間にか立場が逆転し、こっちが惚れた弱みですっかり妻の尻に敷かれています。でも、それが心地良いんですけどね。

どうして若い頃からもっと優しくしてあげなかったのかと後悔し反省しています。そんな懺悔の気持ちとこれまで奴隷のように私と子供たちに尽くしてくれた妻にまずは感謝の気持ちを伝えたいと思います。